リニューアボー 自然エネルギー政策研究所 Institute for Renewable Energy Policies

海外視察の記事

欧州視察(ドイツ・ポーランド・フィンランド)に行ってきます。

 

オブリッヒハイム原発の視察に向かう橘(中央)と菅顧問ら

自然エネルギー研究会は、3/17-3/26の10日間「脱原発と自然エネルギー」に関する欧州視察に出かけます。訪問する国は、ドイツ・ポーランド・フィンランドの3カ国です。ドイツでは、ベルリンの連邦議事堂で緑の党原子力政策責任者のジルビア・コッティング・ウール議員や「環境・自然保護・原子力安全委員会」委員長のベアベル・ヘーン議員らの招聘で当会顧問の菅元首相と代表理事の橘民義らが、緑の党幹部と意見交換します。


ドイツ連邦議会の「環境・自然保護・原子力安全委員会」の公聴会では、菅顧問が福島原発事故のことや日本の再生可能エネルギーについて報告します。また、バーテン・ビュルテンブルグ州首相(連邦参院議長)のクレッチュマン氏から招待を受けた菅顧問と代表理事の橘がBW州の首相官邸で会談。BW州太陽エネルギー・水素研究センター(ZSW)と廃炉作業中のオブリヒッヒハイム原発を視察します。

ポーランドでは、原発建設に反対する市民団体の依頼で菅顧問がワルシャワの下院議会で開催される「エネルギーとエネルギー資源に関する特別委員会」で講演。グダニスクでは、代表理事の橘と菅顧問が商工会議所が主催する講演会に参加します。また、脱原発デモが予定されているジャルノヴィエッツ原発原発建設予定地での記者会見にも参加予定です。

フィンランドでは、あの小泉元総理が視察して「脱原発」に舵を切ったという高レベル放射性廃棄物の最終処分施設「オンカロ(洞窟)」を視察。最後に、天然ガスを使った熱電併給施設の「ヴォサーリ発電所」を運営企業のヘルシンキンギン・エネルギアに訪ねます。視察スケジュールは以下の通りです。

 

++++++++++++++++++++++++++++

ドイツ
3月18日(火)

ドイツ緑の党共同代表、オズデミル氏らとの会談(ベルリン:連邦議会)
ドイツ緑の党連邦議員団への講演と共同記者会見
ドイツ連邦議会「環境・自然保護・原子力安全委員長」ヘーン氏との会談
3月19日(水)
ドイツ連邦議会「環境・自然保護・原子力安全委員会」での公開ヒアリング
ハインリッヒ・ベル財団のフックス理事長らとランチミーティング&本部視察
3月20日(木)
バーテン・ビュルテンブルグ州首相クレッチュマン氏との会談
ウンターシュテラーBW州環境大臣との会談
BW州太陽エネルギー・水素研究センター(ZSW)を視察
オブリヒッヒハイム原発を視察(※2005年に廃炉作業を開始)

ポーランド

3月21日(金)

シェラトンホテルにて環境・再生可能エネルギー関係者との意見交換会
下院議会「エネルギーとエネルギー資源に関する特別委員会」で講演
下院議会でエネルギー特別委員長らとの記者会見
国会議員団と一般市民による公開意見交換会
ワルシャワ経済大学での講演
3月22日(土)
グダニスクのヴェイヘロヴォ市長を市庁舎に表敬訪問
ヴェイヘロヴォ市商工会議所主催の再生可能エネルギーに関する講演会
「ジャルノヴィエッツ原発」建設予定地での脱原発デモと記者会見

フィンランド

3月23日(日):移動日
フィンランド/ヘルシンキへ移動
3月24日(月)
「オルキルオト原発/オンカロ(高レベル放射性廃棄物最終処分場)」視察
3月25日(火)
ヘルシンキンギン・エネルギア(ヴォサーリ発電所:熱電併給施設)を視察

++++++++++++++++++++++++++++

« 最新情報 トップへ戻る